• トップ /
  • インプラント機能面が長けている

美酷が気になるあなたにおすすめ

インプラント機能面が長けている

将来を考えてインプラント

歯周病や虫歯以外に何らかの事情により歯が抜けてしまう場合があるものです。抜けてしまった歯の代用として入れ歯やブリッジ、インプラントが用いられます。年齢が20代の場合には審美面をかなり意識している年齢でもあるので、入れ歯やブリッジよりもインプラントを利用した方が自然歯と見た目も機能も同等に近いので20代の方の場合には利用を考えたいところでもあります。インプラントのは機能面は申し分ない反面、費用や手術が負担になります。高齢になってからだと手術に耐えるだけの体力がなかったり、糖尿病や骨粗鬆症など持病をもっていると手術出来ない場合もあります。自然歯と同じように歯周病などになる恐れがあるので歯磨きや定期的な歯科医院での検診も大切です。将来的な事を考えると年齢が20代から40代くらいまではインプラントを選択しておくと良いです。インプラントだと入れ歯やブリッジと違い、食べ物を食べた時などに顎の骨に振動が伝わり脳が刺激されることで脳の活性化が期待できます。認知症予防などにも期待出来るとされています。美味しい食べ物を食べたり、笑顔で話をする、健康的な体を維持するには歯はとても大切な役割を担っていることを忘れてはいけません。

↑PAGE TOP