• トップ /
  • 10代でインプラントの可否は

10代でインプラントは出来るか

10代でインプラントの可否は

インプラントは適した年齢がある

永久歯を虫歯や歯周病、あるいは外部からの衝撃で失ったという場合には、さまざまな方法でそれを補うことが重要です。抜けたまま放置しておくと時間がたつにつれて歯並びに影響を与えてしまい、噛み合せにも問題が生じる可能性もあります。インプラント治療は、永久歯の代わりの義歯としてたいへん有効な治療方法です。顎の骨に土台となる基材を埋め込み人工的な歯をかぶせるという方法です。その治療を受ける場合には適した年齢層がありますので、10代など若い年代の人は治療を受けるのにはもう少しの時間が必要であるケースも多いものです。インプラント治療を受けたいという10代の方も少なくないものですが、まだ骨が成長途中にあるためにきちんと顎の骨の成長が停まったということが確実となった段階で治療を開始することが望ましいとされています。目安としては身長の伸びがストップした年齢となります。歯科医師の判断によってはインプラント治療をもう少し早めることも可能性としてはあるものの、年齢を重ねるまでは歯並びを整えるための仮歯などを利用してしばらく様子を見ることがおすすめです。10代は成長期の途上にあるため、しっかりと骨の成長がストップしてからのほうがよりよい治療結果が得られます。

↑PAGE TOP